トップ  >  書籍を作る  >  書店への流通

三帆舎は全国書店への流通を行うために地方小出版流通センター (以下、地方小)と契約しています。
地方小出版流通センターはメジャーな取次との口座を持たない当三帆舎のような地方出版社をバックアップし、地方での優良な出版を応援している取次です。 三帆舎から出版した書籍は 全国書店から注文があった場合、地方小を通じて、取次各社経由で書店に配本できます。
※取次 : 出版取次(しゅっぱんとりつぎ)とは出版社と書店の間をつなぐ流通業者
ただしこれは顧客注文であって、書籍が書店に並ぶということではありません。
本が書店に並ぶには、以下の2つの場合が考えられます。
1.書店が注文する。(書店注文)
2.取次の裁量で配本される。(取次による配本)
つまり、書店または取次が店頭で販売したいと判断しない限り、本は書店に並びません。
書店に営業したり広告を出したりして、本が出版されたことを告知する方法もありますが、多くの顧客からの注文が書店に寄せられ、多くの人が読みたいと思う書籍であればおのずと書店に並ぶことになります。

 近隣書店への営業…宝塚市、川西市かいわいの一部書店(約30軒)に限り、当社との直接取引実績がありますので、本を店頭に置いていただくことは不可能ではありません。但し、これも書店が売れると判断してくれて初めて注文をいただけますので、書籍の内容次第に変わりありません。(地域性があり、読者層の幅が広い等)

三帆舎から出版された書籍は以下のインターネット書店でも在庫・取扱いされています。
TUTAYA ジュンク堂 JBOOK オンライン書店 ビーケーワン セブンアンドワイ 紀伊國屋 その他

Amazon (アマゾン)へは三帆舎の直接取引により在庫・取扱いされます。

※三帆舎で出版する書籍で全国への流通を考えられる場合は審査が必要です。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
Amazonへの流通
カテゴリートップ
書籍を作る
次
データベース日本書籍総目録への登録