トップ  >  書籍紹介  >  知っておきたい食の医学 ~世界中で一番食べ方のへたな国日本 食い倒れ養生訓2
N・ドクター・スギーが語る
『知っておきたい食の医学
 ~世界中で一番食べ方のへたな国日本』 (2011年)
著者: N・ドクター・スギー
出版社:三帆舎


 テレビをつければ、グルメめぐり、食べ比べにお取り寄せ。一方、食中毒や添加物、農薬・放射能汚染など健康被害の情報もあふれ、いったい何を食べたらいいのかわからない。
 長年、自然食材を研究し漢方健康博士号、ホメオパシー医学博士等の資格をもつN・ドクター・スギーが、このような日本の現状に警鐘を鳴らす。「日本の伝統的な食べ方を、みんな忘れてしまっている。四季の恵み、その土地に合った食べ物を食べなさい。生き物は生き物の命を食べて命をつなぐのです」
 サプリメントの過剰摂取、体を冷やす食べ物、インスタント食品、行き過ぎた清潔志向など、私たちの歪んだ食べ方を厳しく糾弾。未来を生きる子どもたちを守りたい一心から発せられる言葉だ。
 病気と戦うのも、本人の「治る」という強い意志と「食べ方」次第だという。N・ドクター・スギーの助言で、病気を克服した人の話も掲載。真剣に健康を求めている人に必読の一冊。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
武庫川・かわまちガイドブック 武庫川・まちなみ探訪
カテゴリートップ
書籍紹介
次
世界文化遺産 白川郷 髙橋久榮写真集